地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

まいぷれ高岡編集部が行く!

道の駅 雨晴に行ってきました!

道の駅 雨晴の竣工式から気になる館内まで、一挙に紹介しちゃいますよ!

2018年4月25日・26日取材
2018年4月25日・26日取材
晴れた日は立山連峰も見えます!
晴れた日は立山連峰も見えます!
道の駅 雨晴(あまはらし)がいよいよオープンとのことで、早速取材に行ってきました!
義経岩の前でずっと工事をしていたあの建物が気になっていた人も多いのでは?
「義経岩」は源義経がにわか雨の晴れるのを待ったという伝説が残る岩で、地名「雨晴」の由来となっています。
竣工式から気になる館内まで、一挙に紹介しちゃいますよ!

道の駅 雨晴の駅長・稲垣さん
道の駅 雨晴の駅長・稲垣さん

平成30年4月25日(水)10:00~ 竣工式

あいにくの小雨が降る中、石井富山県知事、高橋高岡市長をはじめ、各関係者を招いての竣工式が行われました。
富山湾の青色に映える白亜の建物は、緩やかな階段で繋がれた立体的な造りの三階建て。
展望スペースが随所に設けられており、ゆったりと雨晴海岸の眺望を満喫できるようになっています。
おりんは誰でも鳴らすことができます
おりんは誰でも鳴らすことができます
世界で最も美しい湾クラブ<br>富山湾PR案内板
世界で最も美しい湾クラブ
富山湾PR案内板
テープカットのあとは「世界で最も美しい湾クラブ 富山湾PR案内板」の除幕式、(株)山口久乗さまより寄贈された「おりん」の除幕式がありました。
どちらも2階の展望デッキに設置してあり、おりんは鳴らすことができますよ!
雨晴は昔から景勝地として知られ、越中国守だった万葉集の代表的歌人の大伴家持や、江戸時代の歌人・松尾芭蕉も「おくのほそ道」で訪れ、歌を詠んでいます。
2階の展望デッキ後ろには大伴家持と松尾芭蕉が詠んだ雨晴ゆかりの歌の歌碑が建っています。

2階展望デッキに上がれば、オーシャンビューな景色が広がります!

2階展望デッキ
2階展望デッキ
展望デッキのすぐ向かいには氷見線が走っています。
雨晴の風景に、上から見える電車を収めることもできるようになりました!
新たな撮影スポットになりそうです。
海を眺めながら、お茶できます
海を眺めながら、お茶できます
氷見方面 晴れた日には能登半島も見えます
特製スイーツも味わえます!
2階にはオーシャンビューのカフェ「Café ISOMI TERRACE」(カフェイソミテラス)があります。
飲み物やスイーツはもちろん、地元産の食材を使ったランチも味わえます。
富山の名産品がずらり!
富山の名産品がずらり!
また同じく2階にあるお土産ショップ「Souvenir Shop ARISO」スーベニアショップアリソ)では、高岡をはじめ県内の銘菓や地酒などが揃います。
もちろん高岡銅器や高岡漆器をはじめとした、高岡のクラフト作品の販売も行っています。
道の駅雨晴の限定商品もありますよ!
雨晴限定のおりん
雨晴限定のおりん
高岡銅器の名刺入れ
高岡銅器の名刺入れ

3階からの眺めも絶景!晴れた日には立山連峰から能登半島まで見渡せますよ。

3階展望デッキのベンチ
多目的スペース ガラス張りで富山湾が目の前に
3階の展望デッキには段差もあり、作り付けのベンチも用意されています。
後方には段差もあり、どこからでも眺望を満喫できる造りになっています。
さらにデッキ奥には展示やワークショップができる「多目的スペース」があります。
この日は伏木地区の小中学校の「ものづくり・デザイン科」での学習内容の展示が行われていました。

1階には情報発信コーナー 

1階は情報発信コーナーとして、様々なパンフレットや道の駅のスタンプが置いてあります。
大きなモニターはタッチパネル式になっており、雨晴海岸はもちろん、高岡市内の名所が360°ビューで見ることができます。
もし、雨でもこのモニター内なら海越しの立山連峰が確認できますよ!
タッチパネルで操作できます
観光案内パンフレットが並んでいます

電車やバスの公共交通の利用がおすすめ!自転車置き場もあります

雨晴駅までは徒歩5分 海側を走る電車がおすすめ!
バス停がすぐ前にあります
自転車やバイクを停められる、屋根付きのサイクルステーションも完備。
メンテナンススペースとして利用できるのも嬉しいです!

「観光客だけではなく、地元の皆さんにも足を運んでもらいたい」

駅長の稲垣さんと高橋市長 新たな観光スポットとして期待が高まります
駅長の稲垣さんと高橋市長 新たな観光スポットとして期待が高まります
道の駅 雨晴の駅長・稲垣さんは「観光客だけではなく、地元の皆さんにも来ていただける場所になってほしい。気軽に足を運んでください。」と想いを語っていただきました。

高岡の新たな観光スポットになりそうな「道の駅 雨晴」。
海越しの立山連峰という絶景を見れたあなたは幸せな気分になれるはず!
是非行ってみて下さいね!
※駐車台数に限りがございますので連休中は混雑が予想されます
店名 道の駅 雨晴
住所 〒933-0135 高岡市太田24-74
アクセス ・JR氷見線 雨晴駅より徒歩5分
・加越能バス「岩崎」下車すぐ
・能越自動車道 高岡北ICより車で20分
電話 0766-53-5661
営業時間 24時間利用可
カフェ・売店 9:00~19:00
定休日 年中無休
駐車場 有(大型4台、小型34台、身障者1台)
※西側【雨晴交差点側】と東側の2か所

「観光ポスターの景色が見たい!」 横断歩道を渡り、海岸へ

道のすぐ向こうには線路があり、海岸です
義経岩に建てられた義経社
雨晴海岸には降りる事ができます。
観光PRでもよく使用されている、女岩と立山連邦の景色はこちらで撮影された写真です。
車や電車、足下には充分にご注意くださいね。
女岩と立山連峰<br>
女岩と立山連峰