地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

「新高岡駅利用促進 同窓会で応援キャンペーン」を実施します。

更新日:2017年6月13日

新幹線まちづくり推進高岡市民会議

市民会議の概要

北陸新幹線の開業効果を最大限に発揮するよう魅力あるまちづくりを推進するため、市民、各種団体、企業、行政などが官民一体となってさまざまな取り組みを促進するとともに、新幹線開業への市民意識の醸成を図っていくことを目的に、「新幹線まちづくり推進高岡市民会議」が設置されました。去る平成24年5月7日に開催された設立総会では、約30の経済団体、市民団体、行政等が集まり、会長に川村人志高岡商工会議所会頭が選任されました。今後は、行動指針である「たかおか新幹線アクションプラン」の充実を図りながら、新幹線開業を契機としたさまざまな取組みを進めてまいります。

名称

新幹線まちづくり推進高岡市民会議

設立時期

平成24年5月7日

会長

川村人志(高岡商工会議所会頭)

事業内容

(1)新幹線開業に伴う官民一体の事業推進に関すること

(2)新幹線開業に伴う市民意識の醸成に関すること

(3)その他、目的達成に必要な事業

事務局

〒933-0912富山県高岡市丸の内1-40

高岡商工ビル305号室

TEL:20-1102

FAX:20-1103

たかおか新幹線アクションプラン(H24年11月27日改訂)

※アクションプランは、今後、随時更新する予定です。

市民会議からのお知らせ

〈NEW!〉 新高岡駅利用促進 同窓会で応援キャンペーンについて

高岡市出身か、ゆかりのある県外在住者10人以上が集まる同窓会で、5人以上が新高岡駅を利用した場合に、最大2万円分の高岡市共通商品券を交付します。

助成対象期間

平成29年7月1日(土)~9月30日(土)

交付要件

  • 県外在住で、高岡市出身者または高岡市にゆかりのある人が10人以上参加する同窓会
  • 参加者のうち5人以上が新幹線の新高岡駅利用者
  • 助成対象期間中に開催された同窓会

助成内容

交付要件を満たした同窓会の幹事さんに高岡市共通商品券を進呈します。

  1. 新高岡駅利用者5人で5,000円分
  2. 以降該当者1人ごとに1,000円分を加算  ※上限は20,000円分

申請方法

以下の書類を平成29年10月31日(火)までに提出してください。

申請先

新幹線まちづくり推進高岡市民会議事務局

  〒933‐0912 高岡市丸の内1‐40 高岡商工ビル(高岡商工会議所内) TEL:0766‐20‐1102

さらにお得な特典

市内指定の飲食店で同窓会を開催する場合、各種サービスが受けられます。

詳しくは、以下のちらしと参加店情報をご確認ください。

 

 

新高岡駅発の新幹線通勤定期券の助成について

新たな新幹線通勤定期券利用者を増やすことで経済活動による高岡市の交流人口の増加及び新高岡駅の利用を活発にし、新高岡駅への「かがやき」停車実現に繋げます。

交付要件

  1. 高岡市に住所がある者。もしくは、高岡市に所在する企業等に勤務する者。
  2. 新幹線通勤定期券を利用し、新高岡駅を発着として通勤する者。
  3. 新幹線通勤定期券購入額から勤務先より支給された通勤手当額を差し引いた金額が補助金額を超える者。

助成対象期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

助成金額

助成対象期間に通用期間の始期の日が属する新幹線通勤定期券の通用期間1箇月あたり1万円を交付します。

※ただし、通用期間の始期の日が平成29年3月31日以前の場合は、通用期間の始期の日を平成29年4月1日と、通用期間の終期の日が平成30年3月31日後の場合は、通用期間の終期の日を平成30年3月31日とみなします。この場合において、助成金の上限額は、3箇月定期は3万円、1箇月定期は1万円です。

申請時提出及び提示書類

以下の提出及び提示書類を、定期券の通用期間内に持参してください。

【提出書類】

【提示書類】※事務局で確認します。

  • 新幹線通勤定期券の原本
  • 身分証明書(顔写真、名前、住所がわかるもの)例)運転免許証、保険証+パスポート、保険証+社員証等

申請の流れ

  1. 新幹線通勤定期券を利用する者が、上記書類を揃えて新幹線まちづくり推進高岡市民会議事務局(高岡商工会議所4階事務所)へ提出または提示します。
  2. 書類を受理後、月次審査(毎月月末)を実施します。
  3. 指定された口座へ入金されます。(毎月10日ごろ)

 参考書類(ダウンロードできます)