地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

高岡のリノベーションを考える

更新日:2017年10月12日

高岡のリノベーションを考える

嶋田氏

10日(火曜日)、ウイング・ウイング高岡で「リノベーションまちづくりセミナー@高岡」が開催されました。

リノベーションまちづくりとは、空き家や空き店舗などの遊休不動産を再生し、新しい産業や雇用、賑わいを生み出すことで、エリア全体の価値を高めるというものです。

今回は、リノベーションによるまちづくりの基本方針検討委員会の第1回目の開催です。

「補助金に頼らず民間事業のリノベーションプロジェクトで構想を実現していく」
リノベリング代表の嶋田さんが、北九州市や和歌山市で手掛けた商店街の空き店舗や空きビルの事例を写真とともに紹介し、参加者は真剣に聞き入っていました。

続けて、既に高岡で家守として活動する金屋町元気プロジェクト、山町筋の関係者による事例紹介に加え、ほかのエリアでもこれからの高岡をどのようにしたいのかを考えながら意見交換をしました。

「大学の授業でリノベに関する単位を考えたい」
「若者のリノベ居住を支援するオーナーになってほしい」
「金屋町と山町筋をつなぐエリアの空き家をなんとかしたい」

それぞれの立場から具体的な意見が飛び交いました。

12月には、具体的なエリアを決めて家守となるオーナーを育てるべく「リノベーションスクール」が開催されます。

また、検討委員会は今回を含め全5回開催されます。

セミナーやスクールをきっかけに、新しい高岡が生まれることが楽しみですね。

検討会

検討会2