地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

ICTを活用した遠隔教育の実証実験が始まりました

更新日:2018年11月20日

ICTを活用した遠隔教育の実証実験が始まりました

16日、伏木中学校で、ICT(情報通信技術)を活用した遠隔教育が始まりました。
これは、総務省の「クラウド等を活用した教育ICT環境整備に関する調査研究事業」を受けた実証実験で、
来年3月まで、慶応義塾大学SFC研究所が同中学校の2年生を対象に行うもの。
2020年の大学入試改革で注目されている「論理的な記述力」について、ICTを用いることで、
多様で質の高い教育を実現できるか検証します。

授業を担当したのは、中学教諭の免許を持つSFC研究所の上席研究員・齊田有里先生。
最初は生徒たちの表情にも緊張が見られましたが、
クイズなどを交えながら進む授業はだんだん和やかに。
今回の授業では、「コミュニケーションを学ぶ理由」と「論理コミュニケーションとは」という2点について学びました。

授業を受けた江守祝次さんは「クイズなどもあり、楽しかった。文章を書くのはかなり苦手なので、授業を通じて苦手を克服したい」と感想を述べ、
「声もよく聞こえた。普段の授業と変わらない」と、遠隔授業の質の高さを感じているようでした。