地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

俳句から高岡を見つめる

更新日:2017年10月10日

俳句から高岡を見つめる

大高さん

7日(土曜日)、高岡市生涯学習センターホールで、「奥の細道サミットin高岡」が開催されました。

「奥の細道サミット」は、俳諧師・松尾芭蕉が辿ったとされる地の自治体や関係者が集まり、俳句を通じて縁の地の歴史・文化を学ぶもので、今回が第30回目となります。

高岡市では、「有磯海(ありそうみ)」が国の名勝に指定されており、歌枕としても万葉集から共通する美しさを現代に受け継いでいます。

俳人・大高翔さんが記念講演を行い、続けて、聴講者の「わたしとこの町」をテーマにした投句に対して評価やアドバイスなどを行い、優秀作品は以下の3つが選ばれました。

「秋澄むや大仏一瞬万葉線」
「秋空を突く利長の墓所鎮座」
「芭蕉にもふと会えそうな秋の暮」

どの句からも、高岡ならではの風景を思い浮かべることができる素敵な作品です。

質問

歌