地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、高岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

高岡の地域情報サイト「まいぷれ」高岡市

アレンジメントを長持ちさせる5つのポイント

 花キューピット富山支部のニュース

アレンジメントを長持ちさせる5つのポイント
1)ラッピング用のセロハンはすぐに外す
アレンジメントの多くは、透明なセロハンでラッピングされている状態です。
このラッピングはアレンジメントを美しい状態で見せるため、そして花が周りにぶつかってしまわないようにするためのもの。
一方で、セロハンで覆うことにより風通しが悪くなり、花の寿命を短くしてしまうので、家の中に飾るタイミングでセロハンを取り外すのがおすすめです。
ただし、花器の周りではなく花器の中に入っているセロハンは水漏れ防止用なので、残しておくようにしましょう。

2)オアシスを乾燥させない
花々が差されているオアシスは、花が水分を得るために大切なもの。
これが乾いてしまわないように、常に水を浸した状態にしましょう。
中を見て少なくなってきたタイミングで口の細い水差しなどで茎の間から水をあげるようにしましょう。なお、水を清潔な状態に保つことも大切。水の入れ替えのタイミングは、夏なら1日1回、冬なら2日に1回が目安です。

3)エアコンや扇風機の風が当たる場所を避ける
花に風が直接当たることは乾燥につながり、早く枯れる原因となってしまいます。また、暑いところも避けたほうがいいため、風が当たらなくても暖房の効いた部屋も避けましょう。

4)直射日光の当たる場所には飾らない
草花が育つには日光が不可欠ですが、アレンジメントは直射日光が苦手です。直射日光が当たらず涼しい場所に置くようにしましょう。

5)人がよく通る場所
人がよく通過する場所は、誤って触れて倒してしまう可能性があるので避けるのが無難です。
人は通らないけどよく目に入る場所を選び、アレンジメントを飾るようにしましょう。

ちょっとした豆知識としても、ぜひ知っていただきたいですね。
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。